So-net無料ブログ作成

【WAR SPORT LVOA-C】について語る ショート・スコープ編 [WAR SPORT]

またまた前回シークレットだったVORTEXのショートスコープと、
管理人執念のLVOA-Cカスタマイズついて今回は語らせていただく。

今回管理人が購入したスコープは、
VORTEX Viper PST 1-4x24 Riflescopeである。
lvoa-c_(13).jpg



併せてマウントも同社の、
Vortex ADR Cantilever Mount を購入した。

まず覗いてみて驚いたのが、
lvoa-c_(14).jpg



メチャクチャ見やすくクリアーな視界だ。

しかもレティクルが独特でイルミネーション機能が付いており、
lvoa-c_(15).jpg



ライフル・スコープなのにホロサイトみたいなサイティングが可能だ。

本国アメリカでもコスト・パフォーマンスに優れ、
lvoa-c_(10).jpg



多くのユーザーから支持されていると言うのも頷ける。

難を言えば倍率を変えるためのリングが硬く、
別売のノブがないと素早い操作はちょっと苦手なくらいか。
(1マソ以上もするので冬までにはどうにか……。)

こうなるとやっぱりダット・サイトも一緒に乗っけてみたくなり、
調べてみたら“1O’CLOCK”=30°のオフセット・マウントで付けられると判った。

このマウントはいろんなメーカーから発売されているが、
実はどれも形状が一緒だったので、

ロゴがカッコイイ、
dd.jpg




DANIEL DEFENSEをチョイスした。

さらにレイル・カバーとMAGPODをあわせて購入し、
フラッシュライトを装着したら、

なんと素晴らしい。
last (1).jpg



見事、管理人のイメージどおりの1丁なった。

フラッシュライトはストリームライトのTLR-2sで、
実際にFBIやフランスの軍隊でもライフルに装着し使われていたりする。

コレで管理人の脳内イメージでは、
last (10).jpg



中距離はスコープで僅かな露出も見逃さず、

近距離はダット・サイトで素早いサイティング、
last (4).jpg



暗いコンテナ・ヤードでは、

強力なフラッシュライトのストロボ機能で視覚を奪い、
last (6).jpg



レザーでポイントし敵を殲滅。

な~んて妄想を……。
last (2).jpg



大団円のLVOA-Cカスタマイズである。

P.S.
MAGPODは、
last (3).jpg



KSCのマガジンにはポン付けで、
last (5).jpg



ちゃんと立ったりする。

“TOP HAT”はWAR SPORTのロゴが入っていなかったので、
kokuin.jpg




最近発売されたロゴ入りに交換。

実物は先端部分がテーパーではなく丸みを帯びたラインなので、
tophat.jpg




エッジを落としてリブルーしたら最高な感じになった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0