So-net無料ブログ作成

【JOHN WICK2 TTI TR-1(改)】について語る レシピ編 [Taran Tactical]

前回完成報告をしたTTI TR-1のレシピについて、
やはりちゃんと残しておきたいので語らせていただく。
tti tr-1 (10).jpg



今回、ベースとなったのはAngrygunのキットをOCTさんで作製したコンプリートで、
最初にこちらの構成から見て行きたい。

【Angrygun】
・アルミTTIレシーバー(再コートTTI白印字ロゴ追加)
・CNC アルミKMR 13 レイル(再コートBCM白印字ロゴ追加)
・CNC アルミアウターバレル
・ガスチューブ
・スティールコンペンセイター
・チャージングハンドル

【OCTオリジナル】
・BCMマーク入り スティールガスブロック
・KACアンビセフティー
・ボルトキャリア(マルイ純正にTTI刻印再コート)

【GunsModify】
・スティールストレートトリガー
・スティールマグキャッチ

【G&P】
・アジャストトリガーボックスセット

【IRON AIRSOFT】
・P-MAG(+ノーブランドTTI P-MAG Extension )

【BCM】
・GunFighter KeyMod Picatinny Nylon Rail Section
・GunFighter QD End Plate

以上がOCTコンプリの構成で、
再コートやボルト刻印等がされている。

キットの足りなかったところが見事に補完されていて、
内部もしっかりカスタムされている。
tti tr-1 (9).jpg



後はレプリカのパーツを入れ替えるだけ、
以下は管理人が買い足したパーツ。

【BCM】
・Quick Detachablle Sling Mount
・KeyMod Rail Panel Kit(Wolf Gray)
・GunFighter KeyMod Vertical Grip
・GunFighter Trigger Guard
・GunFighter Grip Mod 1
・GunFighter Stock Assembly Mod0

ちなみに、Angrygunのキットに付属するトリガーガードを付けた状態で、
レプリカ・グリップを強く締めこむとグリップが割れるおそれがある。
tti tr-1 (6).jpg



BCM純正品と比べると僅かに厚く、
下に入り込む突起と干渉するためで注意が必要だ。

こちらが、実際撮影に使用されたTR-1で、
B.jpg



パネルの形状やスリングマウント、Mod 1グリップなどが確認できる。

こちら側から撮影された写真がなかなか無いため、
この写真、TR-1の仕様を探る上で貴重なショットだ。

【Trijicon】
・TR25-C-200090 AccuPoint 1-6x24 Riflescope (Triangle Post Reticle:Red)
・AC20007 AccuPoint/AccuPower Magnification Ring Lever
・AC32066 RMR 45 Degree Rail Offset Adapter(ノーブランドRMR)

【LaRue】
・Tactical SPR / M4 Scope Mount QD LT104

トリジコンの製品は国内で在庫しているショップが無かったので、
探すのも大変だったし到着するまでも長かった。

スコープのレティクルはクロスにせず、
シンプルなトライアングルのタイプを選択。

二本線の上に三角のドットがあり、
ドットサイトのような感覚でサイティングできる。

6倍まで上げられてメッチャクチャ視認性がいいので、
サバゲとかで活躍できそうだ。
(ナイトゲームでも使えそう。)

BCMのストックはレプリカと実パは天と地ほどの差があるので、
変えようと迷っているなら絶対オススメ。

Ultralightと言う割りにBAD556の方が断然軽かったりするが、
男前度はTR-1は至高なので作ってみたい方はレシピを参考にしていただきたい。

nice!(0)  コメント(2) 

【JOHN WICK2 TTI TR-1(改)】について語る [Taran Tactical]

先ずは完成した姿を見て欲しい、
映画“ジョン・ウィック チャプター2”に登場したTTI TR-1だ。
tti tr-1 (1).jpg



出来るだけ劇中の雰囲気をそのまま再現することを目標に、
OCTさんのコンプリをベースにカスタムした。

ちなみにコレが映画での登場シーンで、
tti tr-1 (11).jpg


もう画面に釘付け。

今回は見た瞬間に一目惚れしてどうしても欲しくなり、
やっぱり最期までやっちゃった管理人渾身の1丁について語らせていただく。
tti tr-1 (12).jpg



本物に近づくためにはやっぱり“ホ・ン・モ・ノ”、
可能な限り実パーツを盛った。

BCMパーツはトリガー・ガードを買い足してマルッと交換し、
すべて実パで劇中仕様を再現。
tti tr-1 (4).jpg



Trijiconのアキュポイント TR25スコープと、
LaRueのSPRマウントも実パに交換した。

元々はAungry Gunのキットだが一度ブラストして再コートしてあり、
刻印を入れ直してあるので実に質感が素晴らしい。

やっぱりソレに見合うとなるとレプリカはあまりにチープで、
実パを付けていく過程で“凄み”みたいのが増して、

どんどんヤバイライフルになって、
最期にスコープ乗っけたら鳥肌モンだった。

タイトルの(改)については劇中仕様からグレードアップしたトコが3箇所あり、
OCTのアンビ・セレクターにGuns Modifyのストレート・トリガー、
tti tr-1 (5).jpg



TTI本家のTR-1に付いていたTrijicon スコープ・レバーを追加し、
TR-1(改)として完成となった。

ちなみに外観もさることながら、
tti tr-1(11).jpg




ハンマーユニットもG&Pのお高いキットが組み込んであり、

見えないところもしっかりカスタムしてあるので、
tti tr-1 (8).jpg



お座敷の管理人にとってはかなりのオーバースペックな1丁である。

とにかく、コレはメチャクチャにカッコが良く、
tti tr-1 (7).jpg



ガス・ライフルでは一番のお気に入りとなった。

やっぱ、グロック兄弟とと一緒に並べて、
チャプター2観なきゃ。

nice!(0)  コメント(2)